明治大学校友会 我孫子地域支部 » 親善ゴルフ会


親善ゴルフ会

明大校友会我孫子地域支部
                   2015年ゴルフ活動報告
                                ゴルフコンペ世話人 辻 長一郎
毎年春と秋に校友会の定例ゴルフコンペが開催されるようになってから早くも13年が経ちました。年々衰える体力を気力で補い白球を追い掛け続けるゴルフ愛好家、同じ打球は二度と打てないと言われ るゴルフの摩訶不思議な奥深さに魅せられたゴルフ愛好家、そんな校友達の存在があってこその長寿行事となっています。校友達が日々の練習成果を披露すべく今年、2015年も元気な姿でゴルフコンペに参集して頂きました。
春は第25回の節目の大会で総勢17名の参加者を迎え大いに盛り上がりました。コンペの開催コースは牛久沼に程近い“ザ・ゴルフクラブ竜ケ崎”
過去中々お天気に恵まれなかったコンペでしたが今年はスカッと晴れ上がった青空の下でラウンドを楽しむことが出来ました。ゴルフコ
スは牛久沼に程近い“ザ・ゴルフクラブ竜ケ崎”
過去中々お天気に恵まれなかったコンペでしたが今年はスカッと晴れ上がった青空の下でラウンドを楽しむことが出来ました。ゴルフコースは今を盛りとする満開の桜で彩られ花酔いしてしまうのではないかと心配する程でした。記念写真も満開の桜樹、パッテンググリーンの鮮やかな緑、何処までも抜けるような真青な青空、全てを撮り込めた一葉となりま
した。
表彰式を兼ねた夕食懇親会も満開の盛況でした。優勝萩谷常夫氏、準優勝山口左由喜氏、3位は寺山正義氏、リベンジを誓わなくてはならないBBは猪瀬安次氏でした。
 過去の悪天候の償いをしてもらっている様なゴルフ日和の下で秋のコンペも開催することが出来ました。“江戸崎カントリー倶楽部”の南コース、OUTが赤松林に囲まれた林間コース、INは大きく池が絡んでくるアメリカンスタイルのコースがコンペ会場となりました。15名のエントリーを頂いておりましたが生憎の急用や体調不良で3名の校友が不参加を余儀なくされました。秋のコンペは特筆事項は、優勝、準優勝、第3位・第4位の上位入賞の全てを75歳以上の後期高齢者で占められたことです。優勝の真仲良範氏、準優勝の関俊雄氏、3位の梅田勇夫氏、4位の林宣次氏 梅田さんはグロス87という好成績でした。毎年春のチェンマイゴルフ合宿の成果でしょうか? 表彰式・懇親会はお馴染みとなった“コ・ビアン”で開催されました。真仲さんの優勝者スピーチは大変蘊蓄ある内容でした。
校友会定例ゴルフコンペ日程は毎年決まっております。春が4月の第一火曜日、秋が10月の第一火曜日です。現役の校友達には平日開催は日程調整が難しいい事かと思われますが何とかご都合を付けて頂きご参加願いたくお願い致します。
尚、末筆となり申し訳ありませんが我孫子支部の
定例ゴルフコンペとは別に、柏支部、流山支部との3地域支部合同のゴルフコンペが3年前から始まりましたことも報告させて頂きます。毎回参加者は30名を超える盛況で回を重ねる毎に各支部の校友達との交流が深まっている事が実感できます。
ゴルフが出来る喜びをいつまでも持てるように皆様が日々精進されることを祈りつつ2015年校友会ゴルフ活動報告を終わります。 

 

明大校友会我孫子支部ゴルフ愛好会「平成25年度秋の定例ゴルフ大会開催」

 

第一回の校友会ゴルフ大会が平成1411月に開催されてから今回で23回目を数える定例ゴルフ大会が昨年の103()に開催されました。ゴルフの魔力に取り憑かれた15名のゴルファー侍の熱戦が展開されたのは成田空港から北西に約7km程ドライブしたところに在る成田フェアフィールドゴルフクラブ。当日は心配されたお天気も何と29度を記録したほどのゴルフ日和に恵まれてお天気の言い訳が難しい程の小春日和の中でのラウンドでした。一打、一打に集中する姿は参加者全員に感じられました。ミスショットに悔しい思いをするのも一瞬であり次のリカバリーショットに全神経を注が無ければならないゴルフというゲームの醍醐味を満喫した一日だった事と思います。摩訶不思議な魅力を持つゴルフをいつまでも楽しむためにも日々の鍛錬、節制に努めて欲しいものです。

 

反省会・懇親会は“お得感”抜群の“コビアン”で行われました。

 

懇親会ではグランドシニアへの思いやり発言が切っ掛けとなって今後の競技方法を巡って多くの方々から貴重なご意見が出されました。

 

この校友会ゴルフコンペに今後も参加したいなと思って貰えるように皆様のご意見を反映してゆきたいと思っています。

 

最後に今回のコンペの特筆事項です。久々にアンダーパーの優勝者がでました。高橋 智さんです。グロス90、HC19でNET71のワンアンダーパーでした。おめでとうございました。主な成績は次の通りです

 

優勝  高橋 智  グロス90 HC19 NET90

 

準優勝 岩下 正勝 グロス100 HC21 NET79

 

3位   辻 長一郎 グロス84 HC4 NET80

 

BB  四家 秀行

 

平成24年度校友会ゴルフ同好会が開催されました
生憎の悪天候に見舞われて不成立となりました一昨年の秋季大会に続いて昨年の春季大会も大雨に祟られ中止となりました。皆さんの悔しい思いは、しかし、天に通じ6月5日に
成田フェアーフィールドゴルフクラブにて19回大会を開催することが出来ました。正しく三度目の正直、梅雨の時期でしたが時折お陽様に覘いて貰える程のゴルフ日和に恵まれて皆さん存分に白球を追い掛けることが出来ました。恒例の懇親会も我孫子駅前の”コ・ビアン”にて行われ時の過ぎるのを忘れてゴルフ談議に湧いた心地良い集いとなりました
。 記念すべき第20回大会は10月2日に同じ成田フェアーフィールドにて開催されました。記念大会と言う事もあってか16名もの校友の参加を得て熱い闘いが繰広げられ大盛会の懇親コンペとなりました。記念大会を更に盛り上げた二つの出来事をご紹介させて頂きます。 一つ目は小川東洋さんがグロス79と言う素晴らしいスコアで優勝された事です(NET66)。二つ目はラウンドで二つのイーグルを達成された猪瀬安次さんです。
日々の精進が報われたものと思いますが参加者全員が次は自分の番だと秘かに奮励努力を誓ったことと思います。
懇親会の場所は20回記念大会と言う事で少し贅沢に我孫子の料亭”はな膳”に移して行われました。お料理の内容も質・量共に大満足、更には飲み放題のお酒類も上々で時間超過の懇親会となりました。関支部長には11回大会以来の参戦でこの記念大会を大いに盛り上げて頂きました。最多打数で記念大会特別賞の”お疲れ様賞”を獲得されたことを付記します。更には長年に亘り校友会ゴルフ同好会を静かに支えて来られた校友、森田氏は第一回大会以来20回連続参戦と言う輝かしい足跡を残されています。普段の摂生の賜物と敬意を表したく此処に申し添えさせて頂きました。
さてゴルフ同好会が更にその輪を拡げて多くの校友に参戦して頂きたいと云う願いから毎年4月と10月の第一火曜日を開催日として固定致しました。今年は4月2日(火)、
江戸崎カントリークラブでの開催を予定しております。成田フェアーフィールドでの開催を続けて参りましたが校友達が所属している
ゴルフクラブを順次開催コースにしたいと考えているところです。開催コースについてご意見を是非ともお寄せ頂ければ幸いです。
最後にゴルファー諸兄にピーター・ジェコブセンの金言を。 ”フルショットは私達プロゴルファーのバッグには入っていない” 。
それにしてもゴルフという摩訶不思議なスポーツが良質な人間関係を築いてくれることに感謝すると同時に再認識する日々です。
第19回大会成績 優勝 林 宣次、準優勝
辻 長一郎、3位 梅田 勇夫 BG 辻
BB 山口 佐由喜
第20回大会成績 優勝 小川 東洋、準優勝 長澤 光恭 3位 辻 長一郎 BG
小川 BB四家 秀行

またまたゴルフで

第十五回懇親ゴルフコンペが、十月二十八日千代田カントリーク

ラブで、秋晴れの下、十四名が参加し行われた。優勝

はこのコンペの運営に長い間尽力された萩谷さん。

表彰式、懇親会は我孫子駅前「さか

なや道場」にて。懇親会は盛り上がり、

昼間の珍プレーから、母校の話、マン

クラ演奏会、日本女子オープンなど、

談論風発。楽しいひとときでした。私

は初参加でしたが、今後、沢山の人の

参加を願っております。   (真仲 良範記)

第10回ゴルフ大会

記念すべき第10回大会は2007年4月26日利根川を渡り、茨城県の「ザ・ゴルフクラブ竜ヶ崎」に於て盛大に開催された。

ゴルフ場は手入れが行きとどき、クラブハウスは一流ホテルと間違われる程の豪華さであった。今までは近くの河川敷での大会が多かっただけに、何か昔のバブル時代を思い出させる気分であった。

表彰式並びに懇親会は我孫子駅北側の「尾利賀」に於て、三宅西部支部長・今泉地域支部長・杉山常任幹事も参加され時間を忘れるほどの盛り上がりを見せた。

第11回ゴルフ大会

第11回大会は、9月の台風で冠水し、間に合うかどうか危ぶまれた東我孫子カントリークラブで2007年10月16日に開催された。
思いのほかゴルフ場の状態は良好で、全員が比較的好スコアーでラウンドした。
表彰式並びに懇親会は、我孫子駅南口の「コビアン」で行われ交流を深めた。

高見健二郎 記

※第12回は、2008年4月22日(火)クリアビューゴルフ場で行われました。
ゴルフ大会

なんてったってゴルフだ!

雨も気になる天気予報でも、いつも、全員優勝をめざして、意気揚揚と定刻前に全員が集合します。(優勝を望めない者にとっては、懇親会の方が良かったとの声?)

コース選びは、名幹事さん達が、(1)便利さ・近さ(2)安い料金(3)良いコース 等が気に入り選んできましたが、つぎは、第10回記念ということで特別な企画を行う由。

多くの参加者を得て良き大会になることを願っています。また、皆様にはそれを楽しみにご研鑽下さい。

関 俊雄 記